NPO法人FOTの活動紹介
■ダウン症への理解求めパンフと消臭袋配布


 日本ダウン症協会(JDS)岡山支部とNPO法人FOTは、3月21日の「世界ダウン症の日」にあわせ、19日(月)から23日(金)まで、SO's Gallery(ソーズ・ギャラリー)の来場者にB型事業所「FOT SPACE」で手作りしたコーヒーの粉を再利用した消臭袋「和蘭」とJDS岡山支部のパンフレットを配布しました。

 ダウン症のある子どもたちが自分らしく、地域で安心して暮らしていけるよう、またその家族、支援者への理解が一層深まるようにJDS岡山支部のパンフと消臭袋を配布して情報発信しました。

 2012年に国際連合(国連)は、国際デーの一つとして3月21日を「世界ダウン症の日」に制定しました。ダウン症のある人たちの多くは21番目の染色体が3本あることからこの日に定められました。日本中・世界中でさまざまな啓発イベントが行われています。

●日 時:
2018年3月19日(月)〜23日(金)
●場 所:
SO's Gallery(ソーズ・ギャラリー/岡山市北区表町)


ご来場いただいたすべての皆さん、ありがとうございました。


戻 る