NPO法人FOTの活動紹介


 3月21日の「世界ダウン症デー」を前に、
NPO法人FOTと日本ダウン症協会岡山支部では
災害に真剣に向き合い大切な家族を守る行動をシミュレーションしました。
 避難所でのダウン症児の行動や心の状況など事前に知っておくべき情報をピックアップして、
命を守る行動に繋げたいと実施しました。
また、いざというときに必要なもののリストを作成するための検証を行いました。




寝袋を平らに床に敷いて訓練スタート


新聞紙でスリッパを作り素足を守ります。


簡易ベットも体験。案外、寝心地は良いかも


飲料水の備蓄も兼ねているウォーターサーバのお湯を使ったカップ麺の試食
でしたが一定量を使うとお湯が出なくなることが判明、
急遽ポータブルガスヒーターを使用してお湯を沸かしました


研究のためボランティアで来てくれた山陽学園大学の学生さん
大変お世話になりました

 これから、避難所でのダウン症児の行動や心の状況など
事前に知っておくべき情報をピックアップして命を守る行動に繋げます。
また、いざというときに必要なもののリストを作成します。

0321 世界ダウン症の日啓発事業
ダウン症児の災害避難シミュレーション2016_02_07
(NPO法人FOT)


戻 る